〒651-2102 兵庫県神戸市西区学園東町6-6-4
「総合運動場公園駅」徒歩8分、「学園都市駅」徒歩13分

 
9:00~12:00 × ×
16:00~19:00 × × ×

休診日:第2/第4土曜、木曜、祝日

ご予約・お問合せはこちらへ

078-797-0235

よくあるご質問

患者さまからよくいただくご質問をまとめました。

マウスピース矯正が無事に完了してすごく満足していたのに、マウスピースをつけなくなった途端に、また出っ歯が出てきたような気がする、そんなことはありませんか?もしかしたらそれは、「後戻り」かもしれません。マウスピース矯正だけでなく、全ての矯正治療において後戻りは切っても切れない関係です。そんなマウスピース矯正の後戻りについてご紹介していきます。

 

1.      後戻りとは?

後戻りとはそもそもどういう状態なのでしょうか。後戻りは、矯正した歯並びが元の矯正する前の歯並びに戻ろうとする状態です。歯は常に隣同士の歯がバランスをとってその位置を保っています。ところがバランスが崩れてしまうと、歯は移動してしまいます。全ての矯正治療において矯正治療直後というのは、まだ歯が矯正した歯並びの位置に慣れていません。むしろ、前の歯並びの方が舌や表情筋などの使い方からすると慣れています。そのため、綺麗な歯並びは体にとって最初は違和感が大きいので、より最初の状態に戻ろうと歯が動きます。したがって、マウスピース矯正が終わったあとも、保定といって歯並びを固定しておく治療が必要になります。

 

 

2.      全ての矯正治療は後戻りとの戦い!

マウスピース矯正に限らず、全ての矯正治療は後戻りとの戦いとなります。特にマウスピース矯正は矯正治療期間がブラケットの矯正よりも短いことが多いです。矯正期間が短いということは、その分、歯も動きやすいのですが、後戻りもしやすいということにつながります。せっかく矯正治療費を払って矯正をしたのに、後戻りしてしまっては、再度矯正治療が必要になります。矯正治療中の方は矯正治療が終わっても、後戻りしないための対策を矯正歯科医の指示のもと行う必要があります。

 

3.      後戻りをしないために患者さんができること

後戻りなんて絶対にしたくない!患者さんはもちろんですが、これは矯正歯科医も同じように後戻りさせたくないと考えています。ですから、後戻りを防止するために、矯正治療後は必ず保定装置をつけましょう。インビザラインのマウスピース矯正では、ビベラリテーナーという保定装置を装着します。保定はマウスピース治療終了後半年から1年は必要です。保定装置を外していい時間を徐々に短くしていきます。ステップがあるので保定期間中も矯正歯科医院に通って、どういうステップで保定装置の装着時間を短くしていくかを決めていきます。

せっかく綺麗になった歯並びです。ぜひ矯正歯科医の指示を守って、後戻りを防ぎましょう

幸田歯科医院について

当院の矯正治療における特徴を、わかりやすくまとめてご紹介しています。治療についてお知りになりたい方はこちらをご覧ください。

当院で受けることのできる矯正治療の種類、治療費などについてご説明いたします。

矯正治療の予約から治療の進め方、治療後までの流れを順を追ってご紹介しています。

当院の施設・設備などについてご紹介します。院内の雰囲気も確認していただけます。

当院に寄せられるよくあるご質問についてまとめました。ぜひチェックしてみてください。

当院では矯正歯科治療でお悩みの方へ無料矯正相談を行っています。お電話かネット予約よりお気軽にご連絡ください。

078-797-0235

診療時間

 
午前 × ×
午後 × × ×

午前:9:00~12:00
午後:16:00~19:00
休診日:第2、第4土曜・木曜・祝日

078-797-0235

〒651-2102
兵庫県神戸市西区学園東町6-6-4

神戸地下鉄 西神・山手線 「総合運動場公園駅」より徒歩8分
神戸地下鉄 西神・山手線 「学園都市駅」より徒歩13分