〒651-2102 兵庫県神戸市西区学園東町6-6-4
「総合運動場公園駅」徒歩8分、「学園都市駅」徒歩13分

 
9:00~12:00 × ×
16:00~19:00 × × ×

休診日:第2/第4土曜、木曜、祝日

よくあるご質問

患者さまからよくいただくご質問をまとめました。

マウスピース矯正は目立たないし、歯を抜く必要がない矯正治療と考えて来院される患者さんがいらっしゃいます。しかし、抜歯を避けることができるマウスピース矯正のインビザラインですが、それでも抜歯が必要なケースもあります。マウスピース矯正なのに、どうして抜歯が必要になるのか、今回はマウスピース矯正と抜歯の関係性についてご紹介していきます。

 

1.    マウスピース矯正は唯一、抜歯が避けられる可能性が高い矯正法

マウスピース矯正は、抜歯が避けられる可能性が高い矯正法です。一般的に、前歯がガタガタで、出っ歯の方の場合、上下の小臼歯を4本抜いて、ワイヤー矯正をすることが多いです。歯を抜くのに抵抗がある患者さんの場合、歯を抜くなら矯正をしないという選択をする方も多いです。しかし、マウスピース矯正の中でも、インビザラインは抜歯が通常となっている症例でも、歯を抜かずに歯並びをきれいにすることができます。どうしてマウスピース矯正の中でもインビザラインは、抜歯をせずに歯並びをきれいにすることができるのでしょうか。それは「歯の遠心移動」に理由があります。人間の歯は前に移動はしますが、後ろに動かすのは、引っ張る固定源がないため、後ろに動かすには不可能に近いです。後ろに動かすために、インプラントを顎の骨に打って、引っ張ることで歯を後ろに動かすことはできます。それほど歯を後ろに動かすことは難しいため、歯をきれいに並べるために抜歯が選択されます。

しかし、インビザラインの場合、歯を後ろに移動することができます。ですから、マウスピース矯正の中でもインビザラインは唯一、抜歯を避けることができる可能性が非常に高い矯正方法なのです。

 

2.抜歯が必要なケースはある?

マウスピース矯正の中でも、インビザラインは抜歯を避けることができる可能性が高い矯正法です。しかし、歯並びのガタガタが重度で、顎が小さすぎたり、歯が顎に対して大きすぎたりすると、歯を後ろに動かしてもスペースが全く足りない患者さんもいます。歯並びのガタガタが強い場合で、スペースが後ろに動かしても足りない場合では、インビザラインでも残念ながら抜歯が必要となります。しかし、抜歯をしても抜歯を想定したシミュレーションが行われるため、きれいに歯をマウスピース矯正でも並べることができます。ただし、インビザライン以外のマウスピース矯正では抜歯が必要なケースではマウスピースで矯正ができないことがあります。まずはシミュレーションを矯正専門医にしてもらって、抜歯が必要なのか聞いてみましょう。

 

幸田歯科医院では、インビザラインによるマウスピース矯正を行なっております。ブラケット矯正で抜歯が必要と判断された症例でもインビザラインでは抜歯を避けられる方もいらっしゃいます。ぜひお気軽にご相談ください。

幸田歯科医院について

当院の矯正治療における特徴を、わかりやすくまとめてご紹介しています。治療についてお知りになりたい方はこちらをご覧ください。

当院で受けることのできる矯正治療の種類、治療費などについてご説明いたします。

矯正治療の予約から治療の進め方、治療後までの流れを順を追ってご紹介しています。

当院の施設・設備などについてご紹介します。院内の雰囲気も確認していただけます。

当院に寄せられるよくあるご質問についてまとめました。ぜひチェックしてみてください。

当院では矯正歯科治療でお悩みの方へ無料矯正相談を行っています。お電話かネット予約よりお気軽にご連絡ください。

078-797-0235

診療時間

 
午前 × ×
午後 × × ×

午前:9:00~12:00
午後:16:00~19:00
休診日:第2、第4土曜・木曜・祝日

078-797-0235

〒651-2102
兵庫県神戸市西区学園東町6-6-4

神戸地下鉄 西神・山手線 「総合運動場公園駅」より徒歩8分
神戸地下鉄 西神・山手線 「学園都市駅」より徒歩13分