〒651-2102 兵庫県神戸市西区学園東町6-6-4
「総合運動場公園駅」徒歩8分、「学園都市駅」徒歩13分

 
9:00~12:00 × ×
16:00~19:00 × × ×

休診日:第2/第4土曜、木曜、祝日

よくあるご質問

患者さまからよくいただくご質問をまとめました。

歯を動かすためには「持続的に力をかけ続けること」がとても重要です。ブラケット矯正の場合、常にブラケットとワイヤーによって歯に力が加え続けられています。これはマウスピース矯正でも同じです。常にマウスピースを装着し続けなければ歯を動かすことができません。でも、マウスピース矯正はどのくらいマウスピースをつけていないといけないのでしょうか。マウスピース矯正の気になる装着時間について解説していきます。

 

1.    マウスピース矯正ってどれくらいつけてる??

マウスピース矯正のってどのくらいつけるのでしょうか。ズバリ20時間以上です。つまり最低でも20時間はつけている必要があります。1日の大半、マウスピースを装着していないといけないのです。食事の時や歯磨きをするとき以外は、基本的にマウスピースを装着し続けます。マウスピース矯正をされている患者さんのほとんどが、マウスピースを装着し続けることで、マウスピースに慣れてきます。ブラケット矯正では自分で取り外しすることができないので、歯磨きをするときや食事をするときにブラケットの部分をうまく歯磨きできなかったり、食事のたびに食べ物が挟まってしまって、しっかりと歯磨きをした気がしない、食事を楽しめないといった悩みを抱えることがあります。ですが、マウスピース矯正では歯磨きや食事のときは取り外しても大丈夫なので、歯磨きや食事で悩むことがブラケット矯正などの一般的な矯正法よりも少ないのです。

 

2.装着時間を守らないと起こること

マウスピース矯正のデメリットとして、装着時間を守らないときれいな歯並びにならないということがあります。マウスピースの装着時間を守らないとどういったことが起きるのでしょうか。

第一に歯が予定通りに動かず、治療計画に大幅な修正が必要になります。そのため、想定していた治療期間よりも長くなってしまいます。

第二に、そのまま矯正治療自体をやめてしまうリスクがあります。歯科医院側としてはしっかりとクリンチェックをして修正して治療計画を立て直しますが、しっかりとマウスピースを装着していないと歯が動かないためにモチベーションが下がり、中にはそのまま来院されなくなったという患者さんも非常に少ないですが、いらっしゃいます。歯並びをきれいにしたい!というモチベーションを維持するためにもしっかりとマウスピース装着時間を厳守しましょう。

 

 

幸田歯科医院では患者さんにマウスピース矯正の装着時間もしっかりと確認して、治療計画をしっかりと進めていきます。マウスピース矯正に不安のある方はお気軽にご相談ください。

幸田歯科医院について

当院の矯正治療における特徴を、わかりやすくまとめてご紹介しています。治療についてお知りになりたい方はこちらをご覧ください。

当院で受けることのできる矯正治療の種類、治療費などについてご説明いたします。

矯正治療の予約から治療の進め方、治療後までの流れを順を追ってご紹介しています。

当院の施設・設備などについてご紹介します。院内の雰囲気も確認していただけます。

当院に寄せられるよくあるご質問についてまとめました。ぜひチェックしてみてください。

当院では矯正歯科治療でお悩みの方へ無料矯正相談を行っています。お電話かネット予約よりお気軽にご連絡ください。

078-797-0235

診療時間

 
午前 × ×
午後 × × ×

午前:9:00~12:00
午後:16:00~19:00
休診日:第2、第4土曜・木曜・祝日

078-797-0235

〒651-2102
兵庫県神戸市西区学園東町6-6-4

神戸地下鉄 西神・山手線 「総合運動場公園駅」より徒歩8分
神戸地下鉄 西神・山手線 「学園都市駅」より徒歩13分