〒651-2102 兵庫県神戸市西区学園東町6-6-4
「総合運動場公園駅」徒歩8分、「学園都市駅」徒歩13分

 
9:00~12:00 × ×
16:00~19:00 × × ×

休診日:第2/第4土曜、木曜、祝日

よくあるご質問

患者さまからよくいただくご質問をまとめました。

受け口は見た目的な問題以外にも、咀嚼や発音機能において日常生活にも支障が出やすい不正咬合の一つです。様々な不正咬合の種類がありますが、受け口は見た目的な問題で多くの方が悩まれています。そんな受け口ですが、マウスピース矯正で治療することは出来るのでしょうか?マウスピース矯正で治療可能な受け口について詳しく解説していきます。

 

1.受け口とは?

受け口は下顎が前に出ている状態です。正常な歯並びでは上の前歯が前に出ているのに対し、受け口の場合、下の前歯が前に出てしまっています。歯並びが通常の人と反対のため反対咬合とも言います。専門用語では下顎が出ていることから「下顎前突」と言います。

そんな受け口ですが、歯が原因の場合と、顎の骨が原因の場合、そして歯と顎、両方に原因がある場合に分類されます。下顎の成長が促進されてしまった結果、受け口になってしまった場合は、成人では骨に対する手術をしないと治療できないことが多いです。

受け口は遺伝的な要因も大きいので、親が受け口の場合は、お子さんの歯並びも十分に注意して置かなければいけません。小児期では顎の成長を抑制する治療ができます。

受け口は何よりも早期に予防することが重要です。

 

2.マウスピース矯正で受け口は矯正できる?

マウスピースで受け口を治療することはできますが、適応が限られています。マウスピース矯正で治療できる受け口は主に以下のパターンです。

2-1.前歯部分だけの反対咬合

受け口でも歯だけの問題で、前歯部分だけ反対になっている場合はマウスピース矯正で治療することができます。重なり合っている歯を元の正常な歯並びに誘導します。

2-2.骨格的な問題があっても歯並びだけで噛み合わせを治療できる場合

骨格的な問題があっても、歯並びだけ治療することである程度、上の前歯が下の前歯の前に来る正常な歯並びに誘導することができます。ただし歯を抜いて動かす量が多いのでワイヤー矯正を併用して治療を行うこともあります。

ただし骨格的な突出感を治療することはマウスピース矯正だけでは難しいです。

 

3.受け口の治療は相談しよう

受け口は成人の状態まで放置しておくと、骨格的な問題から手術をしないと治療できないというケースも非常に多いです。したがって受け口は小さい子供のうちから、マウスピース矯正などを使って骨の成長を抑制することが重要です。小児期であればマウスピースを使った受け口の治療もできます。

幸田歯科医院について

当院の矯正治療における特徴を、わかりやすくまとめてご紹介しています。治療についてお知りになりたい方はこちらをご覧ください。

当院で受けることのできる矯正治療の種類、治療費などについてご説明いたします。

矯正治療の予約から治療の進め方、治療後までの流れを順を追ってご紹介しています。

当院の施設・設備などについてご紹介します。院内の雰囲気も確認していただけます。

当院に寄せられるよくあるご質問についてまとめました。ぜひチェックしてみてください。

当院では矯正歯科治療でお悩みの方へ無料矯正相談を行っています。お電話かネット予約よりお気軽にご連絡ください。

078-797-0235

診療時間

 
午前 × ×
午後 × × ×

午前:9:00~12:00
午後:16:00~19:00
休診日:第2、第4土曜・木曜・祝日

078-797-0235

〒651-2102
兵庫県神戸市西区学園東町6-6-4

神戸地下鉄 西神・山手線 「総合運動場公園駅」より徒歩8分
神戸地下鉄 西神・山手線 「学園都市駅」より徒歩13分