〒651-2102 兵庫県神戸市西区学園東町6-6-4
「総合運動場公園駅」徒歩8分、「学園都市駅」徒歩13分

 
9:00~12:00 × ×
16:00~19:00 × × ×

休診日:第2/第4土曜、木曜、祝日

よくあるご質問

患者さまからよくいただくご質問をまとめました。

矯正治療、特にブラケット矯正治療の場合、食事や運動に関しても制限があったりします。運動に関しては装置が付いているので、軽い運動であればいいですが、気をつけて運動しないと、ケガをしてしまう可能性もあります。ではマウスピース矯正では制限はあるのでしょうか。

マウスピース矯正を考えている方に知っていただきたい、マウスピース矯正中の制限についてご紹介していきます。

 

1.マウスピース矯正中にしてはいけないこと

マウスピース矯正はブラケット矯正に比べてほとんど制限がないといってもいいくらい、日常と変わらない生活を送ることができます。しかし、制限がほとんどないようなマウスピース矯正ですが、全く制限がないというわけではありません。マウスピース矯正中に制限されることに関して一つずつ解説していきます。

1-1.マウスピースを装着しての食事

マウスピース矯正はマウスピースを装着して矯正治療を行います。1日20時間以上の装着をしなければいけませんが、食事の際はマウスピースを外します。マウスピースを装着したまま食事をしてしまうと、マウスピースの破損につながります。したがって、マウスピースを装着しているときには食事をしてはいけません。

これは間食を気軽に食べるのが制限されてしまうということです。もちろん、間食するのであればマウスピースを外す必要があります。ですが、間食後に歯磨きができないような状況であれば、間食は控えましょう。

 

1-2.マウスピース装着中の甘味料入り飲料

マウスピースを装着している間、水分はとっても問題ありません。しかし、甘味料が入っているジュースなどの飲み物を飲むことは制限されます。これはマウスピースの中がジュース、つまり砂糖水で満たされてしまうからです。その結果、砂糖水に歯を浸してしまっているような状況になり、むし歯リスクが急激に上昇してしまいます。また、緑茶やウーロン茶などポリフェノールを多く含む飲み物はマウスピースに着色がつきやすくなってしまいます。ですから、マウスピース装着中の水分補給は基本的にミネラルウォーターが基本です。

このようにマウスピース矯正治療中は飲み物に関しても制限があります。

 

 

2.マウスピース矯正のメリットは今までの生活とほとんど変わらないこと

食事や間食、飲み物に関する制限はあるものの、他はほとんど変わらない日常を送ることができるのがマウスピース矯正の大きなメリットです。装置を付け外しできるので、基本的な食事にも大きな制限はありません。見た目も透明なため、違和感なく過ごすことができます。

矯正治療は激しい運動ができない、食事も色々考えないといけない、と不安に感じて矯正治療に踏み出せないのであれば、ぜひマウスピース矯正を検討してみてください。

 

 

幸田歯科医院では、マウスピース矯正についてご相談承っておりますのでお気軽にご相談ください。

幸田歯科医院について

当院の矯正治療における特徴を、わかりやすくまとめてご紹介しています。治療についてお知りになりたい方はこちらをご覧ください。

当院で受けることのできる矯正治療の種類、治療費などについてご説明いたします。

矯正治療の予約から治療の進め方、治療後までの流れを順を追ってご紹介しています。

当院の施設・設備などについてご紹介します。院内の雰囲気も確認していただけます。

当院に寄せられるよくあるご質問についてまとめました。ぜひチェックしてみてください。

当院では矯正歯科治療でお悩みの方へ無料矯正相談を行っています。お電話かネット予約よりお気軽にご連絡ください。

078-797-0235

診療時間

 
午前 × ×
午後 × × ×

午前:9:00~12:00
午後:16:00~19:00
休診日:第2、第4土曜・木曜・祝日

078-797-0235

〒651-2102
兵庫県神戸市西区学園東町6-6-4

神戸地下鉄 西神・山手線 「総合運動場公園駅」より徒歩8分
神戸地下鉄 西神・山手線 「学園都市駅」より徒歩13分